実際に株の取引が行われる時間帯

株の売買はいつでもできる?

株の売買の時間

株式市場が開いている時間は限られています。その時間帯に忙しい人は株取引ができないのでしょうか。じつは、「ネット証券」を活用すれば、時間外でも株の売買の注文を出すことができます。

 

基本的に、株の取引ができるのは、株式市場が開いている時間帯、前場といわれる平日の朝9時から11時30分と後場といわれる、平日の12時30分から15時までです。(2011年11月21日より、前場終了時刻が11時から11時30分に変更になりました)。

 

東京証券取引所などの株式市場が開いているこの時間帯に、株の取引は行われ、株価もこの時間内に変動します。よって、土・日・祝日・年末年始など、株式市場が閉まっている期間や平日の上記以外の時間では、実質、株取引はできないということになります。

 

ネット証券なら24時間注文可能

実際に取引ができるのは上記の時間内に限られますが、実は、株の売買注文自体は“上記以外の時間”にも出すことができるのです。なので、自分の好きな時にアクセスできる「ネット証券」を活用すれば、上記の時間に縛られずに株の売買注文が出せる、というわけなのです。昼間は会社勤めや家事で自由に時間が取れないという方でも、夜の空き時間をつかって株の売買注文を出すことで、株取引が可能になります。

 

例えば、水曜日の21時に買い注文を出したとしましょう。すると、その注文は翌日である木曜日の朝9時に回され、そこで、誰かの“売り”注文と条件が合えば、取引成立となるのです。

 

もちろん、証券会社のシステムメンテナンス中など、環境によっては注文を出すことができない場合もあるでしょう。しかし、原則として、株の注文は好きな時間にいつでも出すことができるのです。昼間に自由な時間を持てない方でも、ネット証券を活用すれば自分のライフスタイルに合わせながら株取引をすることが可能になります。

 

まだ株取引をしていない方はぜひ、ネット証券での株デビューを検討してみてはいかがでしょうか。


このページの先頭へ戻る