株をいつ売ればいいのか?

株は売り時が肝心

株は売り時が肝心

株式投資の真の難しさは買い時ではなく売り時を考えることだといわれます。計算上の世界では買った金額より株価が上がっていれば、利益が出ているように思いますが、株を手放してようやく利益といえるのです。この状態を利食いといいます。

株を取引するのはどこでも普通の人間です。欲があるので株価が上がると、もっと上がるのではないかと期待してしまいますし、下がり始めても一時的なことで戻ってくれるはずと思ってしまうのです。そういう人間の一般的な心理・感情にしたがって株取引をしていると勝ち目にあえません。

 

売値に目星をつけておくこと

こういう状態を避けるためには、まず株を買う時点でどのくらいの売値が妥当か、検討しておくことです。株価の上げ値もこのくらいで一区切りと設けておいて、下げ値もここまできたら切り上げようといういわゆる損切りのタイミングを自分の中で決めておくのです。株の格言の中には「利食い千人力」というものがありますが、溜め込むことが善とならないのが株取引の世界です。自分自身の軸をしっかり持って、ビジョンある取引を心がけなければあっという間に損は利益を上回るようになってしまいますよ。

 

売りの注文の方法について

売り注文の方法は基本的に買い注文のときと変わらず、銘柄・株数・注文方法・注文の有効期限といった基本的な事項を指定します。行うこと自体は買い注文を出すときにしたことを全て売り注文に置き換えるだけです。売る株数についてですが、一気に持っている株を全て売らなければならないというルールはありません。単元に従って、最低単元から自由に取引することが可能なのです。例えばまだ指定の銘柄が値上がりしそうな気配があり、全て売ってしまうか悩んでしまっている場合は取り急ぎ持っている株の半分だけ売りというのも賢い選択と言えましょう。

 

注文についてはいろいろな方法が指南されていますが、とりあえず成り行き注文というのを指定するとよいでしょう。他には指値注文というものもありますが、株価が下がっている局面でうっかり自分の希望的観測で相場よりも高い価格での売値になってしまうと、できるだけ早く手放したい株がそのままいつまでも売れ残ってしまい、結果的に大損となってしまうことがありえるのです。特に株を初めて手放す機会は株価下落の局面でやることが多いので忘れないでください。成り行き注文を選んでおけば、注文の有効期間については深く考えなくてよいでしょう。


このページの先頭へ戻る