株取引の単位株数について

単位株数について

単位株数について

株には単位株数というものがあり、売買できる最少の単位が決まっています。例えば、1株1000円の会社の単位株数が100株単位で売買されているとしたら、買い注文を出すには最低でも10万円と手数料が必要になります。株価が1000円だからといって、1000円で買えるわけではないのです。また、100株単位でしか購入できないため、その次の購入株数は200株ということになります。

 

会社によって異なる株単位

株単位は会社によって違います。1株単位のところもあれば500株単位で売買されているものもあるのです。単位株数を知るには、会社四季報ネット証券の売買画面を見るとよいでしょう。

 

1株単位で売買出来る会社であれば、1株1000円であれば小学生のおこずかいでも投資を行うことが出来るでしょう。投資がブームになり個人投資家が増えてきていることもあって、最近では最低投資額を下げたり、売買単位を少なくする企業が多くなってきているようです。

 

東証では、最低購入価格が50万を超える企業に株式分割単位株数の引き下げを行うことで、最低購入価格を下げるように要請をしているようです。個人投資家でも気軽に取引が出来るようにと、東証が動いてくれているのです。

 

最低購入価格が下げられていることから、売買単位を変更する企業はそこまで多くありません。しかし、以前よりも気軽に株を売買出来るようになったので、株取引の需要が増えて結果的に株価が上がるということに繋がってきているのです。株式分割については、会社四季報に分割予想が記載されているので、それを参考にして頂くのが1番だと思います。


このページの先頭へ戻る