初心者の方にはミニ株がおすすめ

ミニ株について

ミニ株

株に興味のある方であれば、「ミニ株」という言葉を耳にしたことがあると思います。ミニ株とは単位株数の10分の1の株数から取引することが出来るとても規模の小さな株のことです。通常の株の10分の1の株数から買うことが出来るということは、購入価格が小額となり、少ない資金でも株を始めることが出来るというメリットがあります。しかし、ミニ株は通常の株とは違った独自のルールがあることに注意してください。例えば、成行注文しか出来なかったり、取り扱いをしている証券会社や銘柄が限られていたり、買値は必ず注文した翌日の始めについた値段となるという特徴があります。

 

投資初心者にはお勧めのミニ株

デメリットも多い株だと感じてしまうかもしれませんが、投資初心者が大きな金額の取引を行うのは不安だと思います。小額から始めることが出来るというメリットはデメリット以上に大きいのではないでしょうか。まずはミニ株で少額から取引を始めて、ある程度株式投資に慣れてから通常の株の取引を行うのもいい方法だと思います。ミニ株にも手数料がかかります。その際、通常の株よりも手数料の割合が高くなってしまうということも覚えておきたいポイントです。

 

ミニ株は、マイナススタートとなることが多いので、売買回数を減らして長期投資を行うなどのように長期的な計画を持って行わないと、なかなか利益を出すことが出来ません。最近は、個人投資家が増えてきていることもあって、株式の売買単位を引き下げる企業も多くなってきています。低い投資額で株を購入出来るのは、個人投資家にとっても大きな魅力で、これにより個人投資家の数が増えてきています。

 

通常の株も小額で取引出来るようになったきたこともあって、ミニ株を取り扱っていた証券会社は、ミニ株の新規口座開設を見合わせているところも多くなってきています。また、投資家たちの間でも、ミニ株から通常の株式投資に移行してきている傾向にあります。ミニ株で株の投資をしたいという方は、まず取り扱いをしている証券会社を探さなければなりません。証券会社の個別解説ページを参照すれば、ミニ株の取り扱いを行っている証券会社を見つけることが出来ます。


このページの先頭へ戻る