ローソク足の見方は覚えておきましょう

ローソク足について

ローソク足について

株式投資を始めるときに、まず頭に入れておきたいことは、基本的な株価の数値チャートの読み方です。チャートとは、株価の動きを時系列に沿って表した図のことで、様々なものがありますが、とりあえず読めるようにしておきたいのは「ローソク足チャート」。そしてこのローソク足チャートに使われる株価の数値が「4本値」というものです。

 

 

ローソク足チャートとは?

ローソク足チャートはネットで画像を検索してみるとわかりますが、まさに長さの違うろうそくが高低様々な位置に並んでいるような図であることがわかります。さらにその「ローソク」には白いものと黒いものがあるはずです。この白いローソクを陽線黒いローソクを陰線と呼び、前者が特定の期間中の始めの値よりも終わりの値が高かったということを表しており、後者は逆に終わりの値が低かった、ということを表しています。単位となる期間は1日から1年まで様々で、ローソクの上下についている「ヒゲ」は単位期間中の最高値と最低値を表します。

 

さて、今の説明ででてきた値が、冒頭で触れた4本値です。もう1度整理してみると、「始値」「終値」「高値」「低値」。通常はいわゆるローソク状、つまり白か黒の長方形で、チャート上に単位期間あたりの値が表されるわけですが、もしこの4つの値のうちの2つ以上の値が同じであれば、チャート上にローソクが表れなかったり、ヒゲがないローソクになったり、という現象が起きます。

 

ローソク足チャートは、チャートの中では歴史が古い部類だと考えられていますが、このチャートの優れているところは、慣れてくると一目で相場の動きが大きいか小さいか、また回復傾向にあるのか下落傾向にあるのか、ということが読みとれる点です。単純に陰線は下落傾向にあるということを表していますし、ローソクの上にのびているヒゲが長ければ長いほどさらに下落傾向は強いということになります。逆にローソクの下のヒゲが長い場合には、それだけの分を回復したということになりますので、今後の上昇に期待することができます。

ローソク足チャートはいくつかサンプルチャートを読んでみると、すぐにコツが掴めるでしょう。ローソク足チャートが十分に読める実力があれば、その日の4本値をみただけでも1日分のローソク足がイメージできるようになるのではないでしょうか。単位期間を変更することによって、短期から長期までの値動きや予想、分析が行えるのもローソク足チャートのメリットです。

このページの先頭へ戻る