便利な自動売買システムトレードとは

システムトレードの特徴について

システムトレード

株式取引に興味があるけれど、普段は仕事で忙しくて始められない人は多いことでしょう。最初から株式投資で生計を立てるというのはとても難しいことなのです。株式取引とは、きちんと株価の動向を分析した上で臨まなければならないので、仕事の片手間に出来るほど楽な商売ではないのです。一度取り引きが始まると動向が気になり、精神的にもきついものです。

 

以上のことから、どんなに貴方に投資のセンスがあったとしても、それを使える機会がないことには意味がありません。しかしそうなるとフルタイム、それ以上で仕事をしているサラリーマンには株の取引はできないのでしょうか? ちゃんとできる方法があるのです。それが、「システムトレーディング」なのです。

 

システムトレーディングとは?

システムトレーディングとは、機械的に売り買いを繰り返していく投資方法です。

 

まずは「銘柄選び」「売買のタイミング」「利食い」「損切り」等、株式投資に必要なアクションのルールを自分自身で作ることから始まります。そのデータをコンピューターにインプットすることにより、あくまで感情的になったり衝動的に株を売買することのない、論理的な戦略に従い取引をしてくれるシステムのことなのです。全ては自分の設定した内容に従い、忙しい貴方にに代わってコンピュータが行ってくれるので安心して任せていられます。例えば銘柄選びにしても、4000社以上もある企業の中からどれにしようかと悩むこともありません。これにより、初心者でも一定の稼ぎができるようになるまでの時間を極力短縮することが可能となるのです。この方法で株式取引を行う投資家の事を「システムトレーダー」と言います。

 

システムトレーダーとなるまでには、まず自分自身が制作したシステムが本当に株式市場で役に立つのか確かめなくてはなりません。その為には投資ソフトというものを購入する必要があります。非常に頼り甲斐のあるシステムですが、デメリットとしてソフト購入に関する初期費用がかかるという点があげられます。


このページの先頭へ戻る