スピード重視のデイトレードとは

デイトレードについて

デイトレード

株は一瞬の判断力が必要です。株の取引方法には、長期間かけて保有する投資の仕方から、短期間で売買を繰り返す方法まで、色々なものがありますが、そのなかで最も早いスピードで株の売買を行っているのが、デイトレードです。

 

デイトレードとは

デイトレーダーは、1日に売買を何度も繰り返し行うという方法で取引をしています。要するに、将来の大きな値上がりに期待して株を長期間保有するのではなく、1日の間の細かい値動きから小さな差益を得て、それを積み上げることで大きな利益を得る、というのが彼らの手法なのです。

 

細かな値動きに合わせて敏感に反応することが求められるため、デイトレードは、中長期売買に比べてゲーム性が高く、そのため依存性も高いと指摘されています。

 

ここに「デイトレードのポイント」をまとめてみました。

・1日の取引終了時点で「買いポジション」も「売りポジション」も持たない。
・1日の小さな利幅を積み重ねて、大きな利益を生んでいる。
・専業トレーダーとして成功するには、精神的な強さと株の訓練が大切。

 

デイトレードのメリットをあげるとすれば、「資金効率」が良いことですね。そのため、手持ちの「資金」が多くない方にも、効率よく短期間で利益を得られるデイトレードは適しているといえるでしょう。ただし、デイトレーダーになるのは、決して簡単ではありません。

 

デイトレードには、日々、刻々と変化する株価に対して常に意識を集中させている必要がありますから、精神的な疲れを引き起こしかねない、というデメリットがあります。何時間にも渡って集中を続け、気を張り詰めていなければなりませんから、デイトレードは、決断力に自信のない方、ストレスに弱い方にはあまりオススメできません。

 

株の知識はもちろんのこと、体力・気力やデイトレーダーに向く資質などがなければ、成功は難しいでしょう。


このページの先頭へ戻る