株価の決まり方について解説

株価の決まり方について

株価の決まり方

株価というものはどのようにして決まるのでしょうか? 株価はオークションのような形式で決まっていくのです。やりとりで参加する人数で規模が変わってきます。投資家たちが普段行う株の取引は、全国規模で誰でも購入が出来るように公開をされています。全国規模で取引が行われている株のことを上場株というふうに言います。全国区の株ですので、欲しいと思われている方はたくさんおられます。ですので、高値で取引をされることが多く、高い値段で買いたいと申し出た人がその株を購入する権利を手に入れることが出来るのです。

 

株価の仕組み

例えば、EさんがD社の株を1500円で買ったとします。Fさんは1600円で買い、Gさんは1700円で売ったとします。この場合は、Fさんの方がD社の株を買える可能性が高くなるのです。この際にD社の株を売るGさんが1600円に妥協をして売ると決めた場合は、取引が成立となりますので、Gさんの株がFさんの元へと渡ることになるのです。D社の株をいくらでもいいから売りたいと売り手が行ってきた場合は、高い値段を提示しているFさんとの取引が成立しますので、1600円でFさんが株を買うことが出来るのです。ただ、株価は変動をしますので、1600円で買った株が売るときに必ずしも1600円で売れるとは限りません。そのときの売買ごとにせりが行われますので、購入価格で売ることが出来るということを確約出来るわけではないのです。株価は、会社の人気や知名度によって日々変動をし続けています。分単位で基本的には値段が上下すると言われています。株価は、売りたいと思っている人よりも買いたいと思っている人の方が多くなると、当然ながら株価も上がっていきます。株価は言い値ですので、売り手側にとっては、高い値段を言ってくる買い手に売りたいと考えています。その方が当然ですが利益が出ますので。こういった取引が繰り返されることで、株価は上がっていくのです。


このページの先頭へ戻る