証券会社について詳しく解説

証券会社とは

証券会社とは

証券会社は、株式投資には欠かせいないものです。そして証券会社の仕事は株の売買を行うことですが、それは大きく分けると4つの業務に別れます。それは委託売買(ブローカー)自己売買(ディーラー)引受(アンダーライティング)、そして募集・売り出し(セリング)です。このことは、証券取引法で決められています。個人投資家は直接、証券取引所に株の売買注文を出すことはできません。その代わりに証券会社に注文を出し、証券会社はそれらの注文を取りまとめて、証券会社に注文を出すシステムになっています。

 

証券会社の仕事について

証券会社の主な業務について、もう少し詳しく説明しましょう。まず委託売買(ブローカー)の業務です。これは上で述べたように、個人投資家などから株式の売買の注文を受けて、それをもとに証券取引所に注文を出す業務です。証券会社は、この業務の手数料(売買委託手数料)を主な収入源としています。

 

つぎに自己売買(ディーラー)業務です。これは証券会社の自己資金で株の売買を行うことで、利益を得ることです。大手証券会社のほとんどには、自己売買を専門に行う部署が存在する一方で、ネット証券会社には、この業務をおこなっていない会社が多くあります。またこの業務には、個人投資家などが過剰な不利益を被らないように、多くの規制がかけられています。

 

引受業務(アンダーライティング)というのは、企業が新しく上場する場合や増資をするときの株、または債権をその企業から証券会社が一括して引き受けて、そして投資家に販売する業務のことです。企業は直接投資家に販売することが難しいので、こういう方法を用いて販売することで、株式や債権を発行することが容易になります。

 

最後に募集・売り出し(セリング)業務です。引受業務(アンダーライティング)で、企業から引き受けた新株や債権を売り出して、個人投資家などに広く買ってもらう業務になります。IPOがこの業務です。


このページの先頭へ戻る