株式上場について解説

株式上場について

株式上場について

「会社が一部上場した」という話を耳にする機会がありますね。そして、そういう話をきいたあとには必ず「おめでとう!」といった賞賛の言葉がつくと思います。上場というのは、その会社の株式が証券取引所で売買されるようになることをいいますが、上場は様々な細かい条件をクリアしないとすることができません。つまり上場企業というのは、それだけで非常にステイタスだということなのです。

 

 

上場するとどうなるのか

株式市場にはいくつかの種類があり、市場によって条件の厳しさは変わってきますので、市場によってはいわゆる大企業ではなくても上場の機会があるところもあります。政府からベンチャー企業の支援策として、上場基準の緩和が提示されているなど、この動きも今後進んでいくと思われます。

 

さて、上場のメリットですが、先に触れたように「上場企業」というのはとてもステイタスのある看板です。取引を行う際の信用度も全く変わってくるといっていいでしょう。上場するとニュースに取り上げられたりもしますので、広く社会に知られるようにもなります。

 

また、株式市場で株式の取引が可能になることで、それまでは知人や身内、社員の間で保有しているだけになっていた株が、いろいろな人に買われることになります。株保有者が増えれば当然それが全て資金となるわけですから、経営がスムーズになり、資金繰りに頭を悩ませるようなことも減るでしょう。当然融資も受けやすくなります。

 

上場企業になるということは、顧客や投資家だけでなく、新卒や経験者の就職先としても注目を浴びることにもなります。優秀な人材を獲得することは企業成長には欠かせませんが、実際苦労している会社も多いはず。上場企業になることで、採用についても一気に買い手市場となるわけです。もちろん、すでにいる社員にとっても会社が上場するということは非常に喜ばしいことであり、モチベーションのアップにつながります。


このページの先頭へ戻る