投資家を守ってくれる株価の制限について解説

値幅制限はなんのためにあるのか

値幅制限

株式市場には値幅制限というルールがあります。これは、投資家を保護するために存在します。株価が急激に変動すると市場に影響します。例えば、ある会社の倒産が、新聞の朝刊に掲載されたとします。するとその会社の株を持つ投資家は損失を少なくするため、その会社の株を一刻も早く売ろうとします。すると、その株を買いたい人より売りたい人が過剰に多くなり売買のバランスが崩れます。買い手がつかないので、株価は急落してしまいます。ここで値幅制限のルールが適用されます。株価の急落を防いで、市場全体に大きな影響を与えるのを防ぎます。

 

ストップ安とストップ高

そのような場合は、例えば前日の終値が1200円だったら、その日の株価の変動は、上下200円の範囲となるのです。制限される値幅は、株価によって決められています。上記の場合だと、株価は1000円までしか下がらないことになります。これがいわゆるストップ安です。そして株を持っている投資家は、1000円で売り注文を出すことはできますが、まず買い手はつかない状態となります。

 

逆のケースもあります。ある会社について、業績が良くなるようなニュースが流れたとします。そうなると当然、その会社の株を欲しがる投資家が多くなり、株の値段はどんどん上がっていきます。しかしある一定の値段になると値幅制限がかかって、それ以上の株価にはならないのです。いわゆるストップ高です。もちろんここで買い注文を出すことはできますが、まず買うことができない状態です。


このページの先頭へ戻る