投資家について解説

投資家って誰のこと?

インターネット証券

投資家と呼ばれる人は、主に「個人投資家」、「機関投資家」、そして「外国人投資家」の3つに分けられます。それぞれの行動が、株価に影響を与えるので、その違いを知っておいて損はないでしょう。

 

 

 

投資家の種類と役割

個人投資家は、一般人の投資家のことです。売買の量や金額が小さく、株価に与える影響もごく僅かです。

 

機関投資家は、国内のプロの投資機関のことです。銀行や一般企業の投資部、投信信託会社などがこれにあたります。時々耳にするファンドというのも、これに当てはまります。売買の数量や金額が多く、株価に多大な影響をあたえるのが彼らです。

 

外国人投資家というのは、読んで字のごとく、外国人の投資家を指します。外国人投資家と日本の投資家の根本的な違いは何かというと、外国人投資家は自国の資金を使って日本の株を購入するので、為替の変動の要素が加わります。円高になると、株が売られる傾向があります。外国人投資家と一言に言っても、国内の投資家と同じように個人投資家と機関投資家がいます。外国人の機関投資家も日本のそれと同様に、売買の数量や金額が大きいので、やはり株価には甚大な影響を与えます。そのため個別の銘柄の株主欄には、外国人投資家の比率が掲載されています。

個人投資家が株価に与える影響は、微々たるものに過ぎません。上で述べたように、株価に影響をあたえるのは、機関投資家と、外国人投資家の動向なのです。なので彼らの動きには注意が必要です。テレビや新聞のニュースで、機関投資家や外国人投資家の動向が伝えられるのは、そのためなのです。


このページの先頭へ戻る