株主優待でお得に暮らそう!まずは株式投資の仕組みについて

株式投資の仕組みについて

株式投資の仕組み

「株で儲ける」「儲けた」という話をよくききます。景気のいい話だなあと思うものの、さて、その儲けの中身がどういうものだかわからない、という方もいるかもしれません。株に興味があっても、なかなか自分では手を出せない理由の1つがこの「株の儲けの仕組みがよくわからない」だったりはしませんか?ここでは株の儲けについて、基本的なことを説明していきます。

 

株で儲けるには

まず株の儲けでもっともポピュラーなもの、イメージしやすいものは、売買による儲けのことです。買った株の価値が買った時点よりも上がった時に売れば、その分の差額が儲けになります。株式投資の醍醐味はまさにここにあります。株式は安定しているものから変動しやすいものまでいろいろとありますが、うまく売買を行えば、安定して利益を出すことも、また大きな利益を狙うこともできます。

 

株の売買による儲けは、自らのアクションで出すことのできる、いってみれば利益らしい利益ということになりますが、実は株で出すことのできる利益はそれだけではありません。配当金と株主優待の2つは、株を所有しているだけで出てくれる利益です。ただし配当金は、配当をする会社が赤字であるような時には、配当されることはありません。また、元の株価の値段が下がっているとしたら、いくら株主優待を受けても、それをプラス利益と考えていいのか、という点では疑問が残ります。もちろん、順等に利益を出していて、株主優待もおこなっているような会社の株であれば、配当金も当然あるでしょうし、株主優待も配当金利益のプラスアルファとしてとらえることができますから、かなり得ではあるのです。

 

配当金については、「権利確定日に株を持っている人」が対象になります。その前後の日にちには持っていなくていいわけです。そのため、株式投資を行っている人の中には、業績の良い会社の株を権利確定日を狙って購入し、株の値段が上がったところで売却する、といったことを行っている人もいます。

 

貸株とは

株をもっていることで利益を出すもう1つの方法が、「貸し株」というシステムです。文字通り株を貸して、その金利を利益として受け取ることができるものです。貸し株を行っている証券はあまり多くありませんが、株を持っていることが前提であれば、他に資金がなくても金利を稼ぐことができる、という点が大きなメリットです。

 

デメリットとしては、貸し株をしている間は、先に触れた株主優待や配当金の分配を受けることができません。また、貸し株を行っている証券会社に信用口座を開設すると、株は本人に属していなければならないという決まりがあることから、株を貸し出すことはできなくなってしまいます。そのため、たいていの証券会社では、信用口座が開設されると同時に、貸し株は停止されてしまいます。

 

株主優待や配当金については、権利確定日に貸し株を停止すれば、受け取ることができます。これがなかなか面倒な手続きではあるのですが、貸し株を行っている証券の中には、権利確定日に証券会社のほうで、貸し株を止めてくれるサービスを行っているところもあります。また、配当金については、特にこういった手続きを行わなくても、配当金と同額を別途証券会社から受け取ることができるシステムになっているのが一般的です。


このページの先頭へ戻る