株主優待でお得に暮らそう!まずは株式投資について

株式投資を始めるために

株式投資について

個人で行う株式投資というと、一昔前は専門知識を持った一握りの人たちによって行われていました。しかし、時代が移り変わり、インターネットが一般的になるにつれ、ぐんと間口が広がり、より多くの人がオンライントレードで簡単に株式投資を楽しむようになりました。ただ、株式投資を行うには、株に関する基礎知識が最低限必要なことは昔も今も変わりありません。簡単に株式投資を行えるようになったといっても、基礎知識無しでその世界に飛び込むにはリスクが大きすぎます。

株式投資を始めるうえで知っておくべきこと

さて、株式投資を始める上で絶対に知っておかなければならない非常に大事なことがあります。株式投資で痛い失敗をしないために必ず目を通してください。

 

1つ目は、必ず余裕資金で株式投資を行うことです。生活資金を株式投資に当てた場合、「このお金がなくなったら生活に支障がでる」という焦りが正常な判断力を奪ってしまいます。また、儲けを見込んでそのお金の使途を決めてしまっていると、目標金額を意識するあまり無理な投資に走るということになりがちです。絶対にしてはいけないのは、借金を株式投資の儲けで返済しようとすることです。返済期限が迫っていたりするとせっかく今から株価が上がるのに、という時に売却しなくてはならなくなったり、短期的に株価が下がった時点で売却せざるを得なくなり、株の儲けどころか損失を出して借金の返済もままならくなってしまいます。

 

2つ目は、株式投資には元本の保証がないということです。そこが銀行貯金や郵便貯金と違うところです。株式投資は自己責任の世界です。損失を出したとしてもだれも補償してくれません。インターネットの掲示板には、「買いあおり」や「売りあおり」などの嘘や大げさな表現が頻繁に掲載されています。でたらめな情報を安易に信じて大きな損失を出しても後の祭りです。株の世界では誰もが儲けようと必死です。株価を不正に操作すべく嘘の情報を流すなどはよくあることです。様々な情報のうち、どれを信じるか信じないかという情報の取捨選択能力も非常に重要です。
株式投資を始めるにあたって、基本的な知識とルールを理解しておくことは非常に大切です。しっかりこれを身につけてつまらない失敗をしないようにしましょう。

 

株式投資の心構え

あなたが株式投資を行う理由は何でしょうか?もちろんお金を増やしたいということですね。それは当然です。でも、単にお金を増やすといっても人によってその目的や方法は様々です。あなたの目的に合った最適な方法を選ぶ、つまり正しいビジョンをもって株式投資を行うことがとても重要です。
預貯金よりわずかでも有利な金利で資産を運用したいのでしょうか、それとも大きく増やして住宅資金を確保したいのでしょうか、短期的にお金を増やそうとするのでしょうか、長期的に資産を運用するのでしょうか、それらの目的によって投資方法はそれぞれ異なります。
しかし少なくとも絶対に言えることは、無理にハイリターンを狙ってはいけないということです。特に投資経験が少ない方、余剰資金が少ない方はリスクが少なく安全な投資方法を選ぶべきです。

あなたの目的とそれにあった投資方法を選び、つまり明確な投資ビジョンを持って株式投資を行いましょう。

株式投資について/株主優待おすすめランキング記事一覧

株式とは、簡単にいえば、株式会社を設立、運営するための資金を得るために発行する証券のことです。個人のお金で賄えない規模の事業を起こす際に、株式を発行することによって、広く出資してもらうことを目的としています。この出資してくれた人が「株主」です。株式を発行すると株式の場合、社債と違って、会社は株主に対しての返済義務を負いませんが、株主は株主総会に出席することができ、会社の利益に従って、配当金や株主優...
「株で儲ける」「儲けた」という話をよくききます。景気のいい話だなあと思うものの、さて、その儲けの中身がどういうものだかわからない、という方もいるかもしれません。株に興味があっても、なかなか自分では手を出せない理由の1つがこの「株の儲けの仕組みがよくわからない」だったりはしませんか?ここでは株の儲けについて、基本的なことを説明していきます。株で儲けるにはまず株の儲けでもっともポピュラーなもの、イメー...
世界に「株」と呼ばれるものが登場したのは意外に古く、17世紀の大航海時代にまでさかのぼらなくてはなりません。当時、ヨーロッパでは貿易が盛んであり、それに伴う船の建造が急がれました。しかし、船をひとつ作るにはとてつもなく多額のお金がかかります。海賊も多数出る時代でしたから、沈没の危険性もありました。そこで、リスク・リターン分散目的として、1602年に初めて、オランダ東インド会社が「株式」と呼ばれるも...
株を売買する時のリスクとは何でしょう。それは「値下がりリスク」、「流動性リスク」、そして「倒産リスク」の三つになります。リスクを管理するために、この三つのリスクを理解しておきましょう。それぞれのリスクについて値下がりリスクとは、そのまま株価の値段が下がることです。株価は時価で取引されます。従って上がることもありますし、下がることもあります。株価が変動する要因については、別項で詳しく説明していますの...
株価というものはどのようにして決まるのでしょうか? 株価はオークションのような形式で決まっていくのです。やりとりで参加する人数で規模が変わってきます。投資家たちが普段行う株の取引は、全国規模で誰でも購入が出来るように公開をされています。全国規模で取引が行われている株のことを上場株というふうに言います。全国区の株ですので、欲しいと思われている方はたくさんおられます。ですので、高値で取引をされることが...
以前は株というと難しくて素人には手が出せない世界というのが一般的なイメージでした。現在ではサラリーマンが副業で行っていたり主婦でも株で儲けが出る時代になりました。ではなぜここまで株というものが一般的になったのでしょうか。株式投資が一般的になった理由理由をいくつか挙げるとしますと、一つは銀行の利率が非常に下がってしまったことによって銀行に預けるよりも自分で株を始めた方が利益が出るからです。以前だと銀...
株というと、買ったときの価格より高く売ることで利益を出すために買うもの、というイメージをお持ちの方もいるのではないかと思います。けれども、株を買うことの本質は、やはりなんといっても「株主になること」。では株主になるということは具体的にどういうことなのでしょうか。株主になるとどうなるの株主になると、まず配当を受けられます。配当は、会社の業績に応じて分配されるもので、会社の業績が悪化して赤字になるよう...
株式市場とは、実際に株の取引をしている場所のことです。株を買った人(出資者)が「株主」、その証明書が「株券(株・株式)」です。そしてその株券を発行しているのが「株式会社」となります。どの会社の株でも自由に売買できるのかというと、そうではありません。売買できる会社の株は、株式市場に登録している会社のものだけです。売買できるように登録することは「上場」と呼ばれます。株式市場には日本の場合は、東京証券取...
「会社が一部上場した」という話を耳にする機会がありますね。そして、そういう話をきいたあとには必ず「おめでとう!」といった賞賛の言葉がつくと思います。上場というのは、その会社の株式が証券取引所で売買されるようになることをいいますが、上場は様々な細かい条件をクリアしないとすることができません。つまり上場企業というのは、それだけで非常にステイタスだということなのです。上場するとどうなるのか株式市場にはい...
証券取引所といえば「東証」=東京証券取引所が有名ですが、証券取引所は東証だけではありません。けれども世界的に有名な証券取引所、となると、ニューヨーク、ロンドン、東京となるのではないでしょうか。東証はそれくらい大きな証券取引所です。国内の証券取引所についてこの東証と、大阪にある大阪証券取引所は2部制になっています。「一部上場企業」と括られることからわかる通り、上場の条件は二部よりも一部のほうがはるか...
証券会社は、株式投資には欠かせいないものです。そして証券会社の仕事は株の売買を行うことですが、それは大きく分けると4つの業務に別れます。それは委託売買(ブローカー)、自己売買(ディーラー)、引受(アンダーライティング)、そして募集・売り出し(セリング)です。このことは、証券取引法で決められています。個人投資家は直接、証券取引所に株の売買注文を出すことはできません。その代わりに証券会社に注文を出し、...
少し前までは、株取引の基本は電話注文でした。電話で直接話すことにより、注目している株の銘柄に関するアドバイスをうけられるというメリットがあった時代の話です。株の投資は自己責任ですので、他人のアドバイスに頼るだけでは将来的にディーラーとして固定収入を得られるものではありません。自分なりに株の値動きに関して研究し、利益を得ることができれば力が付き、そのことによって自信が持てるようになります。もしも損を...
投資家と呼ばれる人は、主に「個人投資家」、「機関投資家」、そして「外国人投資家」の3つに分けられます。それぞれの行動が、株価に影響を与えるので、その違いを知っておいて損はないでしょう。投資家の種類と役割個人投資家は、一般人の投資家のことです。売買の量や金額が小さく、株価に与える影響もごく僅かです。機関投資家は、国内のプロの投資機関のことです。銀行や一般企業の投資部、投信信託会社などがこれにあたりま...
新興市場とは、将来、成長性はあると見られるけれども、実績が十分ではないベンチャー企業などに対して、資金調達の場を提供することによって、成長を促すために創設された株式市場のことをいいます。現在、国内には東証JASDAQ、マザーズ、大証ヘラクレス、名古屋セントレックス、福岡Q‐Board、札幌アンビシャスの6つの市場があります。新興市場に上場している会社は、中小型成長銘柄で構成されていることから、値動...
アベノミクスの影響で株を始めてみようと思っている方も多いのではないでしょうか。しかし株を始めるにはどのくらいの資金が必要なのか気になりますよね。資金が多いと多くの企業との取引が可能になるので儲けが多くなる可能性が増えますが、リーマンショックなどの株価の急落が起きてしまうと損失額が増えて負債を抱えてしまうこともあります。だからといってあまりにも低資金だと企業との取引が限られてしまうのであまり儲けるこ...
株式市場には値幅制限というルールがあります。これは、投資家を保護するために存在します。株価が急激に変動すると市場に影響します。例えば、ある会社の倒産が、新聞の朝刊に掲載されたとします。するとその会社の株を持つ投資家は損失を少なくするため、その会社の株を一刻も早く売ろうとします。すると、その株を買いたい人より売りたい人が過剰に多くなり売買のバランスが崩れます。買い手がつかないので、株価は急落してしま...
株の取引に関する用語は、馴染みがないとよくわからないものも多いですね。似たような言葉だと、実際には意味が違っても、一般的には混同されている場合も多いようです。例えば「投機」と「投資」。この2つ、実は違うものだということをご存知でしょうか。投資と投機の違いとは投資というのは、株式を購入することでその会社を応援するといった意味合いがあります。実際には株式売買による利益を得るために行っているとしても、基...
IPOとは、Initial Public Offeringの略のことです。日本語に訳すと、「新規公開」です。国内では上場や公開がされていなかった株式が、新たに上場されることをいいます。1年間にどれくらいの新規上場がされているかというと、約120から150社といわれています。非公開の株式でも、売買することができないわけではありません。上場されている株式を買おうとする場合は、買う人に関わらず市場でつけ...
株の価格を左右しているのは、企業の業績だけではありません。時に株価は、「差益を稼ぐ目的で意図的に操作されること」によって変動することがあるのです。このように、(資金を持っているグループによって)意図的に操作された株のことを「仕手株」といい、また、こうしたことを行うグループ・人のことを「仕手筋」と呼びます。「仕手筋」が株価を動かす方法は、実に巧妙まず彼らは、人気企業でなく、むしろ注目度が低い銘柄を選...
「自分でも株の取引をしてみたい、証券会社に口座を持ってみたい」と考える未成年の方が最近増えてきています。当ページではそうした未成年の方向けの証券会社の口座について紹介します。参考になさってください。学校で「お金」や「株」について学ぶ機会はほとんどありません。特に義務教育の間はゼロと言っていいでしょう。そもそもカリキュラムに組み込まれていないのが、日本の教育の現状です。ですから、専門学校や大学などで...
子どもに「お金」や「株」の勉強をさせたいと考える親が増えてきています。子どもをお金に関わらせることに抵抗感を抱く親も少なくないでしょう。しかし、人間の社会生活に金銭は欠かせない大きな要素です。ですから、子どもの頃から「お金」と関わり、正しい見方や考え方を身に着けておくことは、決して悪いことではありません。要は「どう関わらせ、勉強させるか」ということではないでしょうか。子どものための証券口座の開設民...
2014年から証券取引での株の税率が変わることをご存知でしょうか。これまでは10.147%という税率だったのですが、これは軽減税率が適用されていたからこそなんです。2014年からこの軽減税率が終了してしまい、従来の10.147%から20.315%と、ほぼ倍の税率に変わっていきます。そうなると、どのような対策を取るべきなのかをしておかなくてはなりません。税率が変わる前に売却2014年から株の税率が変...

このページの先頭へ戻る