株主優待を貰う為に株を買うタイミングについて解説。

株主優待をもらうためにはどうすればいいのでしょうか?

株主優待

株を購入して株主にならなければいけないのは当然ですが、「いつ保有していればいいのか」ということも忘れてはいけません。

 

株主優待をもらうためには、買うタイミングに注意しましょう。「権利確定日である割当基準日までに実質株主名簿に自分の名前が載っていること」が株主優待を手に入れるための条件なのです。

 

割当基準日に注意する

多くの場合、割当基準日はその会社の決算日になっています。3月末決算なら3月31日というケースが多いです。それでは3月31日に株を買えば…というわけにはいきません。割当基準日の「3営業日前」までに株を買っておく必要があります。(2009年11月に、4営業日前から3営業日前にルールが変更されました)また、割当基準日に株を買って保有していれば、基準日翌日に売ってしまっても株主優待をもらうことができます。

株主優待の割当基準日は必ずしも決算日ではなく、中間決算日だったり、末日ではなかったりする場合もあります。また、持っている株式数に応じて優待内容が異なる場合もあるので注意しましょう。

 

株を買う前にきっちり確認して、賢く株主優待をゲットしましょう。


このページの先頭へ戻る