株主優待をタダで貰う方法の内容

株主優待をタダで貰う方法

株主優待

上場企業の中には株主優待制度を実施している会社があり、その会社の株を持っていると、その会社に関連した商品券、割引券や商品をもらうことができます。株主になって株主優待をゲットできるのはうれしいことですが、その会社の株を買ったものの、株主優待の価値より株価が下がって損失を出してしまうリスクもあります。ところが、値下がりリスクをゼロにして株式取引手数料などをかけるだけで株主優待をゲットする方法があるんです。

 

株主優待をお得に貰うためには?

この「株主優待タダ取り法」を簡単に説明すると、優待の権利付き最終日に現物買いと信用売りを同時に同じ株数だけ取引をする。これだけで、株価がいくらになろうが、値下がりリスクゼロで株主優待の権利取りができます。この仕組みについて詳しく見ていきましょう。

 

この方法は一般にクロス取引と呼ばれる方法を応用したものです。クロス取引はリスクヘッジの手法として知られており、信用取引の空売りで株価下落リスクを回避、低減するための方法です。(空売りとは、証券会社などから株を借りてきてそれを売り、後に買い戻して株を返すという取引です。株価が下がってから買い戻せば差益を稼ぐことができます)

株主優待タダ取り法では、株主優待を手に入れたい会社の株を買った株数だけ空売りすることで、仮に株価が下がって損失が発生しても、空売りした方では同額の利益が発生することになるので、損失と利益が相殺されて損失ゼロとなります。だから、株主優待「タダ」取りと言われるのです。

次に、逆日歩について説明します。株主優待タダ取り法では通常の売買手数料とは別に、品貸料と逆日歩がかかります。これは、空売りをするときにかかるコストで、貸株料はまさに株のレンタル料。逆日歩は、貸し付ける株が不足しているときに発生するもので、通常の品貸料にさらに上乗せされるレンタル料と考えてください。

 

優待タダ取り法を実践するポイント

それでは最後に、より上手に株主優待タダ取り法を実践するためのポイントをお教えしましょう。

 

どうやって同値で買いと売りを入れるのか

確かに、取引中にうまく同値で買いと売りを実行するのは難しいです。しかし、寄付や引けに取引成立させれば、必ず同値での売買が可能です。例えば、前場が始まる前に現物買いと信用売りを、必ず「成行」で発注する。これだけでOKです。成行で注文しておけば、必ず同値でクロス売買することができます。もちろん、後場の寄付でもできますし、証券会社によっては「引け」で成行注文を入れることもできます。こうして手に入れた株を、権利付き最終日の翌日に同じ方法で売り買いともに手じまえばおしまいです。

 

上手に手数料を抑える

取引手数料を抑えて、さらに低コストで株主優待をゲットする方法があります。空売りの手じまい方に「現渡し」というのがあります。普通の証券会社では現渡し手数料は無料です。現物で購入した株式を空売りの現渡しに使えば、現物がい空売り両方の手じまいにかかる手数料がゼロにできます。ただし、現渡しの注文は権利付き最終日の夜には発注できますが、あまり早く注文をすると当日清算扱いになってしまう可能性もあります。証券会社での現渡しのルールをしっかり確認しておくようにしましょう。

 

これで賢く株主優待タダ取り法を実践してみてください。


このページの先頭へ戻る