株主優待おすすめ銘柄総合ランキング

株主優待おすすめ人気銘柄総合ランキング

企業名 単元株数 配当月 株価 詳細
日本マクドナルドHD(株)

2702

100 12月

6月

2,624 優待食事券(無料引換券6枚ずつで1冊)

100・200株 1冊

(株)吉野家ホールディングス

9861

100 2月

8月

1,344 お食事券(300円)

100株以上 10枚

ANAホールディングス(株)

9202

1,000 3月

9月

245 各種割引券

1,000株 ANA国内線搭乗優待券1枚

(株)ゼンショーホールディングス

7550

100 3月

9月

997 優待食事券

100株以上 1,000円分(500円券2枚)

カゴメ(株)

2811

100 12月

6月

1,742 自社商品

100株以上 1,000円相当の自社商品

(株)オリエンタルランド

4661

100 3月

9月

18,565 1デーパスポート

100株以上 1枚

ダイドードリンコ(株)

2590

100 1月20日

7月20日

4,595 ダイドードリンコ商品

3,000円相当の自社製品

ワタミ(株)

7522

100 3月

9月

1,342 株主優待券(500円)

100株以上 12枚

明治ホールディングス(株)

2269

100 3月 8,760 製品詰合せセット

100株 2,000円相当

 

株主優待でもっと得をするためのおすすめ銘柄

 

株主優待というのは会社の株を保有し株主となることによって配当金を得ることができる、そしてそれぞれの株式会社から株主に対する株主優待券や自社製品などをもらうことができるシステムとなっています。基本的に株の取引を行うというのは利回りや売買利益などを目的として行っていると思いますが、少ない金額からでも株主優待を受けることができるところも増えてきているということもあって、株主優待を目的とした取引を行っている方も増えてきています。

 

 

株主優待どのような銘柄がおすすめ?

株主優待


では、株主優待を考えたときにどこの株式会社の銘柄がおすすめなのかを考えてみましょう。
第一の条件として考えられるのが、どのような条件の株主優待を利用したいのかということ。それぞれの株式会社によって株主優待の内容は異なってきます。

 

飲食系

飲食系やスーパーなどの会社であればギフトセットが届いたり、お店で使うことができる割引券をもらうことができたりといったものが多いようです。

 

エンターテイメント系

エンターテイメント系の会社であれば1デイパスポートなどを優待券としてもらうことができる場合もあります。詳しくは、それぞれの企業のIR情報などで確認することができますし、証券会社からも確認することができることがあります。

 

株主優待でおすすめ銘柄を探す時は、一人ひとりがどのようなことを目的として株主優待を受けるのかを考えていく必要がありそうです。普段からあんまり遊園地などに行かない人からするとエンターテイメント系の株式優待をもらってもあまり嬉しくないですよね。一方で、普段から頻繁に買い物する主婦の方はスーパーの割引券を株主優待としてもらうと嬉しいものです。

主婦におすすめ株主優待ランキング

 

 


このページの先頭へ戻る