株式投資の利益「売却益」について知る

株式投資の利益「売却益」について

ミニ株

株式投資で利益を出すには、「配当」と「売却益」の2パターンがあります。ここでは、株の価値が買った時よりも値上がりした時に起こる「売却益」について具体例で解説していきます。

 

売却益の仕組み

BさんはAさんの会社の株を持っています。
事業が成功したAさんは出資してくれた比率に応じて、利益を還元することにしました。
配当金をもらうことができたBさんは、うれしさのあまり、そのことをCさんに話しました。
これからもAさんの会社は儲かりそうだと話すと、Cさんは自分にその株を譲って欲しいと言い始めました。
Bさんはこの株はもっと儲かりそうだと考えているため、この話を断りました。
しかし、Cさんもどうしてもその株が欲しいため、1株200万でいいからその株を売って欲しいと言いました。
Bさんはこの株を100万で買ったので、Cさんに200万で売ると、差額の100万円分が儲かることになります。
定期的に配当金がもらえることや、一方でAさんの会社が利益を長期間、継続的に上げ続けられるかどうかはわからないこと、5株もあるのだから少しくらいは売ってもいいかもしれない、むしろ人気のある今のうちに売るべきなのでは、と様々なことを考慮して、結局Cさんに1株だけを200万で売ることにしました。
これでBさんは、買ったときの100万と売ったと気の200万の差額、100万円の儲けを出すことができました。

このような売買で発生した利益が売却益(キャピタルゲイン)となります。

 

上記の例はBさんとCさんの個人的な取引でしたが、一般的に株を売買するときには手数料が必要になります。また、株を売ったときのお金からも、配当金と同じように税金が発生します。手数料を引いた金額から、さらに10%(2014年1月以降は20%になる予定です)が税金となります。つまり、株の売買で100万の利益が出たときの厳密な売却益は、100万から手数料と税金を差し引いた残額となります。

株式投資の利益「売却益」について/株主優待おすすめランキング関連ページ

株式投資の利益「配当」

このページの先頭へ戻る