10%から20%になる税率と非課税のNISA

証券優遇税制の終了

証券優遇税制の終了とNISAの導入

上場株式の配当や売却時の利益にかかる税率は現在10%(復興税を含めると10.147%)です。本来の税率は20%(復興税を含めると20.315%)ですが、証券優遇税制が適用されて投資家に優しくなっています。この先の政権によりますが、現段階では、証券優遇税制が2013年12月31日を持って終了する事が濃厚です。

 

制度を使って節税する

税率の変化をうまく使って、節税をするには、「早めの利益確定、遅めの損切り」と覚えておいて下さい。保有株式に含み益がある場合は、税金が安い2013年末までに利益を確定しておく事で、税金を半額にできます。逆に保有株式に含み損がある場合は、あせって損切りをする必要はなく、2014年以降に売却・売却損を確定申告し、翌年以降3年間の間、売却損を利益から差し引く事ができるので節税になります。

 

ただし、同じ考え方をする人が年末にかけて多くなると思われますので、上手にタイミングを見極めて下さい。また、当然の事として、目的は自分の金融資産を増やすところにありますから、税制だけに注目して売買するのではなく、企業の成績や株価動向を注視して売買の決定をして下さい。2014年1月からNISA(少額投資費課税制度)が導入され、3年間、毎年100万円を上限に投資した資産の配当・売却益を非課税にする制度がありますので、こちらにも注目して下さい。


このページの先頭へ戻る