住民票などのNISA口座開設口座開設に必要なもの

NISA非課税口座の作り方

NISA口座開設に必要なこと

日本版ISA(NISA)の利用には、専用の非課税口座を開設しなくてはいけません。その方法を順を追って見てみましょう。NISAスタートに先駆けて、2013年10月から、NISA非課税口座の開設の申し込みが全国の銀行や証券会社などで始まります。制度開始時の2014年1月1日時点で20歳以上であれば、誰でも開設できます。

 

 

非課税口座は1人1口座だけ

日本版ISAでは、1人が開設できる口座数は1つに限定されます。ですから、開設前にそれぞれの金融機関のサービスや特性を比較考量して、どこで口座を比較かを検討しましょう。

 

住民票の写しの準備

NISA非課税口座開設には、「住民票の写し」が必要ですが、現在の住所ではなく、2014年のための口座を開設するためには、2013年1月1日での住所を証明する「住民票の写し」が必要になります。金融機関が非課税口座が重複して開設されていないかをチェックするために必要になりますので、間違えないように準備しましょう。

 

実際の口座開設方法

日本版ISA非課税口座開設には、2段階の手続きが必要です。まずは、「口座開設申込」です。非課税口座を開きたい金融機関に、所定の「住民票の写し」と、「申請書」を提出します。次に金融機関が、非課税口座の重複がないかを税務署にチェックします。もしない場合は、税務署から「確認書」が交付されます。このステップが終わると、ようやく「開設手続き」へと進み、実際に資金を運用するための、NISAの非課税口座を開設します。


このページの先頭へ戻る