非課税のNISA口座を開設しよう!

知らなかったじゃもったいない!NISAの配当の受け取り方

NISA配当金の受け取り方法

 

国内外の上場株式、国内外の上場投資信託(ETF)、株式投資信託、国内外の不動産投資信託(REIT)などが、NISA口座における非課税の対象となる商品です。ただし実際にはNISA口座を開設する証券会社や銀行などにより取扱商品の内容が異なりますので、A社ではNISA口座で購入できる外国株式がB社では購入できないといった場合などもあります。NISA口座ではこれらの商品に関する売買益や配当金や分配金は非課税となり、税金はかかりません。ただし実際には1月1日から12月31日までの1年間において100万円まで(購入価額)という非課税枠が設定されていますので、100万円を超過する分についてはNISA口座で購入することはできないのです。またNISA口座の非課税枠については最大5年間という期間の制限があります。購入した商品を5年の間に売却するのであれば自動的に非課税となるのですが、一方で5年を経過してもその商品を持ち続けたいのであれば特定口座または一般口座に移行するか、あるいはロールオーバーの手続きを行うことが必要です。

 

NISA口座で配当金を非課税にしたいのであれば「株式数比例配分方式」を選択

NISA配当金の受け取り方法

 

株式を保有している場合には、保有株式数に応じて一定の配当金が支払われることになります。現在株式の配当金の受け取り方式としては、「配当金受領証方式」「登録配当金受領口座方式」「株式数比例配分方式」の3種類が設定されています。配当金受領方式は郵便局に配当金受領証を持参して窓口で配当金を受け取る方法です。登録配当金受領口座方式はあらかじめ指定した銀行口座あてに配当金を振り込んでもらう方法になります。また株式数比例配分方式は株式の取引や保有を行っている証券口座に配当金が入金される方法です。いずれの方法を選んでもかまわないのですが、NISA口座を利用して株式の配当金を非課税にしたい場合には必ず「株式数比例配分方式」を選択するようにしてください。この時に「配当金受領方式」や「登録配当金受領口座方式」を選んでしまうと、せっかくNISA口座で購入した株式であってもその配当金は非課税の対象外となってしまいますので注意が必要です。


このページの先頭へ戻る