非課税のNISA口座を開設しよう!

進化するNISAを活用しよう

2014年1月より始まったNISA(少額投資非課税制度)。業界では2月13日を「NISAの日」と定めています。これによって、NISAの普及や定着への取り組みを強化しているわけです。では実際のところNISAはどれくらい広まっているのか、というと滑り出しは非常に順調だと言われています。しかし中には思っているほど定着しなかった、まだまだこれから伸びていくという意見も多いです。そこで、2月13日のNISAの日や、ジュニアNISAの導入検討など様々な取り組みが行われています。またスタートしてから1年間経過した2015年にいくつかの変更点を加えるなど、さらに使い勝手の良いNISAを目指していることが伺えます。

 

NISAを活用している人たちの声

2月13日はNISAの日

2月13日の「NISAの日」では様々なセミナーやイベントが行われています。これらに参加するのは非常に有意義ですが、時間の都合などでなかなか出かけられない人も多いはず。そこでここではNISAを

株主優待目当て

実際に活用している人たちの声や活用方法をいくつか紹介していきます。

 

NISAを使って投資をしている、というよりは株主優待目当てでNISA口座開設している人の方が多い傾向にあります。株の利益+株主優待が期待できてさらに非課税。あくまでも株主優待だけを目当てに運用していればそこまで初期資金が必要なわけではありませんし、じわじわと資産が増えるのも大きなメリットです。

 

→人気の株主優待ランキング

 

不動産投資信託

最近人気が高まっているのが「不動産投資信託(リート)」です。こちらを目当てにNISA口座を開設する方が増えています。今後も不動産投資信託は盛り上がることが予想されるのでそれに合わせてNISAを始める人も多いです。

 

投資の練習に

ゆくゆくは投資家として活動しようと思っているけれど、練習する機会が少ないのでNISA口座を使って少額で毎月1000円単位で投資している、という意見も多いです。


このページの先頭へ戻る