ISAを参考に作られたNISAはどう違うのか?

イギリス版ISAと何が違うのか?

NISA

ISAは投資の本場イギリスが発祥の地です。イギリスでは、国籍に関係なく、居住者なら誰でもISA口座を開く事ができますので、現在では20兆円を超えるマネーがISAを通してイギリスの金融市場に流れているといわれています。幅広い人がこのISAを利用し、イギリスの生活を活性化させています。日本ではごく一部の金融商品だけがISA対象ですが、イギリスではより幅広い金融商品がISA対象となっています。

 

日本とイギリスのISAの違い

例えば日本版のISAは、上場株式、公募株式投資信託、ETF(上場投資信託)、REIT(上場不動産投資信託)などが対象となりますが、イギリス版ISAではもっと幅広い選択肢があります。イギリス版ISAの年間拠出額の上限は、毎年、消費者物価指数(CPI)に連動して決定されます。インフレが進行すれば、年間拠出額の限度額が上がるしくみになっています。通常、一括購入で株式や投資信託を購入しない利用者が月々の積み立てのめどを立てやすくするために、年間拠出額の上限は12ヶ月で割り切れる額に設定されます。

それぞれのISA対象金融商品は2種類に分類される
株式型ISA

株式、公社債、投資信託、保険といった金融商品が含まれて、18歳以上のイギリス居住者であれば、誰でも口座を開設できます。年間拠出額の上限は1万1280ポンド(約170万円)です。

 

預金型ISA

通常の預金、MMF(マネーマネージメントファンド)などが含まれます。16歳以上のイギリス居住者であれば、誰でも口座を開設できます。年間拠出額の上限は、株式型ISAの半額、5640ポンド(85万円)となっています。

 

投資関係の話は、富裕層のためのものというイメージがありますが、イギリスでは決してそうではありません。実際、ISA口座を利用する人たちの半数以上が、年収2万ポンド(300万円)未満の人々です。ISA自体に、まとまった金融資産のない一般家庭でも利用できるような配慮がなされています。イギリス版ISAの場合、年間に拠出できる金額に上限が設定されているものの、購入した金融商品の非課税期間は恒久化されていて、累進投資金額の上限も設定されていません。つまり、毎年追加で購入していく金融商品に対する配当や、解約・売却時の利益は、いつまでも非課税である事も、人気の理由の1つです。

 

イギリス版ISAの2つのカテゴリー、預金型ISAから株式型ISAへの資金を移したり、さらには、別の金融機関に口座を移したりもできるようになっているため、口座獲得キャンペーンをそれぞれの金融機関が行なっています。イギリス版ISAも10年間の時限措置として始まりましたが、現在では人気の高い投資手法となっています。日本では、ISAはまだスタートラインに立った段階ですが、本格的に制度が一般に普及すれば、イギリス並の人気を得る可能性は十分あると思われます。


このページの先頭へ戻る