非課税のNISA口座を開設しよう!

2015年からより便利になったNISA口座の変更点まとめ

2014年よりスタートしたNISA(少額投資非課税制度)。2015年に2年目を迎えたNISAですが、初年にいくつかの問題点があったこともあり、いくつかの変更点が加えられました。ここでは2015年に変更されたNISAについて紹介していきます。

 

金融機関の変更が可能に

2015年NISA口座はこう変わる

2014年1月にスタートしたNISAでは一度口座を開設すると2017年まで金融機関を変更できない、と制限が加えられていました。そこで、2015年以降は1年間に1回だけNISA口座を取り扱う金融機関を変更することが可能に。

 

これは、NISAについてよく分かっていないけれど銀行などで勧誘されてNISA口座を開設したにもかかわらず、銀行だと株式投資ができないため意味が無かった、というトラブルが多発していたためだと言われています。また「この金融機関のNISA口座がお得に見える」と開設したは良いけれど他にもっと魅力的な金融機関があった、というケースにも対応しています。

 

しかし注意しておきたいのが一度でも売買したらその年は変更できないということです。ですので2015年に入ってから一度でも取引したなら2015年いっぱいは変更することができず、2016年に変更可能となります。

 

再開設ができるようになった

2015年より変更された点としてNISA口座の再開設が可能になった、という点が挙げられます。例えば、2014年にNISAが盛り上がり、とりあえず口座を開設してみたけれど全く使わなかったので解約した、という人も多いでしょう。しかし一度開設したNISA口座を解約すると20107年まで再開設することができないのがルールでした。しかし2015年以降は解約した翌年に再開設が可能となっています。つまり、2014年に口座の解約をした人は2015年から再びNISA口座を開設できるようになった、というわけです。


このページの先頭へ戻る