非課税のNISA口座を開設しよう!

イギリスのISAを参考にNISAは誕生しました

住民票取得代行サービス

NISAとは何かを説明する前に、ISAについて知っておきましょう。ISAとは、1999年にイギリスでスタートした制度のことで、個人貯蓄勘定(Individual Savings Account)の頭文字をとったものです。当時イギリスでは大変好評で、国民の資金管理に役立つことの他に、イギリスの金融市場を活性化させる源になったということで話題になりました。イギリスではISAは1999年6月からスタートしていますが、対象者の約50%が2011年までにISA口座を開設していると言われています。

 

日本版ISAの誕生

イギリスのISAが非課税であったことに習い、日本でも2014年から少額投資非課税制度が導入されることとなり、これを日本版ISAと呼ぶようになりました。投資信託や上場株式等の為の非課税制度のことであり、愛称はNISA(ニーサ)に決まりました。

 

NISAの導入に合わせて、投資信託や上場株式等に関わる所得への課税率は現在の10%から20%になる予定です。しかしNISAの非課税口座を利用することで、条件付きで投資による値上がり益や配当・分配金が非課税になるのです。金額の上限は年100万円まで非課税期間は最長5年間までとなっています。NISA口座を開設するに当たり所得制限等はなく、満20歳以上なら誰でも非課税口座を開設することができます。

 

NISA口座開設の申し込み受付は2013年の10月から開始されます。金融機関に住民票等を提出することにより、税務署に申告して「非課税適用確認書」の取得を代行して貰えます。

 

税務手続きが非常に複雑な為、現段階では一箇所の金融機関でNISA口座を開設した後は、4年間は他の金融機関で重複して口座を開設することができなくなります。金融機関によって商品が違いますので、自分が投資したい商品をどれだけ扱っているのかをよく比較して選ぶことが大切です。

日本版ISA「NISA」について/株主優待おすすめランキング記事一覧

2013年3月末から銀行や証券会社といった金融機関で、日本版ISA口座の予約受付が開始されました。これは2014年1月から動き出す日本版1SAの実施への準備が始まっていることをあらわしています。しかし現在の申し込み内容は、あくまで口座開設の予約であり、日本版ISA口座を開設するための申し込みは、2013年10月から開始される予定です。顧客獲得に躍起になる理由とは?現時点で申し込んでいるのは、口座開...
日本版ISA(NISA)の利用には、専用の非課税口座を開設しなくてはいけません。その方法を順を追って見てみましょう。NISAスタートに先駆けて、2013年10月から、NISA非課税口座の開設の申し込みが全国の銀行や証券会社などで始まります。制度開始時の2014年1月1日時点で20歳以上であれば、誰でも開設できます。非課税口座は1人1口座だけ日本版ISAでは、1人が開設できる口座数は1つに限定されま...
日本版ISA(NISA)の課題は、専用口座が1投資家につき1口座しか持てず、5年間にわたって他の金融機関に移動できないということでしょう。一度口座を開設して投資を始めた後に、その金融機関の方針やアドバイス、サービスに不満を感じたところで5年間は我慢するしかないということです。5年間というのは投資家にとってとても長い期間ですので、口座を開く際にはその点をよく考慮して慎重に金融機関を選ぶことが重要です...
導入初年度から500万人が利用するのではないかと言われている、日本版ISA。譲渡金、分配金などによる利益を非課税とする措置であり、2013年末の軽減税率の終了を補完する意味合いもある制度です。使い勝手の良さそうな制度ではありますが、うまく利用するためには、日本版ISAに適した投資を行うことが肝要です。では、日本版ISAのデメリットを挙げていくことで、逆にどのように利用すればよいのか、考えていきまし...
ISAは投資の本場イギリスが発祥の地です。イギリスでは、国籍に関係なく、居住者なら誰でもISA口座を開く事ができますので、現在では20兆円を超えるマネーがISAを通してイギリスの金融市場に流れているといわれています。幅広い人がこのISAを利用し、イギリスの生活を活性化させています。日本ではごく一部の金融商品だけがISA対象ですが、イギリスではより幅広い金融商品がISA対象となっています。日本とイギ...
ISA発祥の地であるイギリスには、預金型ISAと株式型ISAという二つのタイプのISAがあります。以前存在していた保険型ISAが、不人気のため株式型ISAに一本化されたことから、この二つが残ることとなりました。では、この二つのうち、ISAの利用者に人気があるのはどちらでしょうか。ISAといえば、長期にわたるリスク資産(株式など)への投資に使うものというイメージがありますが、イギリスで人気なのは意外...
上場株式の配当や売却時の利益にかかる税率は現在10%(復興税を含めると10.147%)です。本来の税率は20%(復興税を含めると20.315%)ですが、証券優遇税制が適用されて投資家に優しくなっています。この先の政権によりますが、現段階では、証券優遇税制が2013年12月31日を持って終了する事が濃厚です。制度を使って節税する税率の変化をうまく使って、節税をするには、「早めの利益確定、遅めの損切り...
NISAは2014年よりスタートする少額非課税制度のことを言います。実際にテレビやインターネット、雑誌など様々なメディアで広告を目にすることがあるのではないでしょうか。NISAの最大の特徴は一度NISA口座を開設すれば4年間は他の機関への移管をすることができないという点が挙げられます。つまり、一度NISA口座を開設してもらえば固定客として囲いいれることが簡単になるという特徴があるのでそれぞれの機関...
2014年よりスタートしたNISA(少額投資非課税制度)。2015年に2年目を迎えたNISAですが、初年にいくつかの問題点があったこともあり、いくつかの変更点が加えられました。ここでは2015年に変更されたNISAについて紹介していきます。金融機関の変更が可能に2014年1月にスタートしたNISAでは一度口座を開設すると2017年まで金融機関を変更できない、と制限が加えられていました。そこで、20...
2014年1月よりスタートしたNISA。思っていたよりも反響が少なかった、という専門家の意見も多いのですが、それを受けてか、2014年8月に金融庁が「ジュニアNISA」についてプレスリリースしました。ジュニアNISAはとても多くの注目が集まっており、施行されるのではないかと言われている2016年までに情報をしっかりと集め、把握しておきたいところです。ここではジュニアNISAについて紹介していきます...
2014年1月より始まったNISA(少額投資非課税制度)。業界では2月13日を「NISAの日」と定めています。これによって、NISAの普及や定着への取り組みを強化しているわけです。では実際のところNISAはどれくらい広まっているのか、というと滑り出しは非常に順調だと言われています。しかし中には思っているほど定着しなかった、まだまだこれから伸びていくという意見も多いです。そこで、2月13日のNISA...
住民票取得代行サービス
2014年からNISAと呼ばれる投資に関するルールが新たに制定されました。少額投資に関して課税を免除するもので、個人投資家にとってはより手軽に資産運用できるようにするためのルールです。すでに主要な証券会社・金融機関では、NISAの口座開設の受付を実施しています。具体的には、株式運用の他にも各種投資信託の金融商品を対象にして、毎年100万円までの新規購入分に関しては最長で5年間配当や譲渡益に対する課...
NISAの確定申告
サラリーマンをしている人にはなじみがないかもしれませんが、自営業者やフリーランスで仕事をしている人は2月中旬から3月中旬にかけて確定申告をします。1年間の収入と必要経費、医療費やローン控除などをすべて計算して、所得額を確定します。そして所得額に基づく税金を支払う制度です。サラリーマンなどの給与取得者の中でも、医療費や住宅ローン控除で還付金が発生する場合もあります。この場合に確定申告を経験したことの...
ローリスク・ローリターンの運用
NISAは、一定の運用益までに関しては非課税になるため、運用に成功すればメリットのあるシステムといえます。しかし例えばほかの証券口座と損益通算ができないデメリットもあります。つまり損失を出してしまうと、それがまるまる皆さんのマイナス分となってしまいます。NISA口座を使っての運用には、いろいろなスタイルがあります。ただし安定した資産運用を希望するのであれば、ローリスク・ローリターンの金融商品を購入...
NISA「勘定設定期間」「基準日」
NISA口座を活用する際には各種の用語の意味に注意することが必要になります。今回は「勘定設定期間」「基準日」などの若干複雑な用語について解説しますので参考にしてみてください。勘定設定期間とは?NISAは今のところ無制限の恒久的な制度ではなく、非課税の恩恵を受けられる期間があらかじめ設定された期間限定の制度となっています。現在のところNISAは10年間限定の制度であり、「勘定設定期間は」それらを3つ...
NISA口座非課税期間
現在のNISA制度は10年間に限定した期間限定の制度となっています。その中でNISA口座を開設することができる「勘定設定期間」は、具体的には次の3つの期間に分割されています。2014年1月1日から2017年12月31日まで(第1期間・期間は4年)2018年1月1日から2021年12月31日まで(第2期間・期間は4年)2021年1月1日から2023年12月31日まで(第3期間・期間は2年)NISA口...
NISA配当金の受け取り方法
国内外の上場株式、国内外の上場投資信託(ETF)、株式投資信託、国内外の不動産投資信託(REIT)などが、NISA口座における非課税の対象となる商品です。ただし実際にはNISA口座を開設する証券会社や銀行などにより取扱商品の内容が異なりますので、A社ではNISA口座で購入できる外国株式がB社では購入できないといった場合などもあります。NISA口座ではこれらの商品に関する売買益や配当金や分配金は非課...

このページの先頭へ戻る