日経平均株価とTOPIXは常にチェックしましょう

日経平均株価とTOPIX

日経平均株価とTOPIX

日経平均株価、TOPIX、よく聞く言葉ではあるものの、これらについて詳しくは知らないという人は少なくないはずです。実際これらが何で、どう関わり合っているかについて少し触れたいと思います。

 

日経平均株価とTOPIXについて

日本経済新聞社は東証1部上場企業の代表的な225社の株の価値を計算しますが、株式分割、そして増資などの影響を考慮し、特別な方法でそれを算出します。それを日経平均株価と呼びます。

 

日本経済新聞社はこの特別な算出方法の考案者であるダウ・ジョーンズという企業と提携しました。そしてこの算出方法を用いて株価を算出し、日経平均株価を発表しています。株の売買などに興味のある人は、日経平均株価に目ざとくあるべきです。なぜなら日経平均株価によって株全体の動きについて知ることができ、過去の株価と今の株価を比較することも可能だからです。しかし忘れてならないのは、日経平均株価は株価が高い株の影響を受けやすいということです。この点を常に考慮しておく必要があるでしょう。

東証1部上場企業の株を対象にしているとはいえ、その数は225社のみですので、市場全体の動きを完璧に、そして正確に表しているとは言いがたいものがあります。

 

東証1部上場企業の代表的な225社の株の価値を算出する日経平均株価に対し、TOPIXは東証1部の全ての銘柄の時価総額を基とし、算出されています。算出方法は現在の東証1部の全企業の時価総額のトータルを1968年1月4日のそれで割り、100倍したものです。

 

1968年1月4日当時の東証1部のトータルの株価が100だとしたら、今の東証1部のトータルの株価はそのうちの何割なのかを表すのがTOPIXというわけです。
おそらく、市場全体の動きを細かな点まで把握したいのであれば、TOPIXに慎重にあるべきでしょう。なぜならTOPIXには東証1部の全ての銘柄が関わっており、東証1部の225銘柄しか関わっていな日経平均株価よりも正確だからです。多くのプロはこの理由も相まってかTOPIXに目を向ける傾向にあります。たいていの場合多くのプロは成功、失敗の基準をTOPIXよりもパフォーマンスがよいか、悪いかによって判断しています。たとえば自分のポートフォリオが年間でマイナスになってしまっても、TOPIXがそれを下回る割合でマイナスになれば成功といった感じです。このように投資の成功、失敗をはかる尺度としてTOPIXは使われています。ちなみに成果を知るための尺度はベンチマークと呼ばれています。


このページの先頭へ戻る