株取引は情報が命「会社四季報」で情報収集

株取引を行う人のバイブル会社四季報

会社四季報

会社四季報とは、その名の通り四季に合わせて年4回(3月・6月・9月・12月)出されている企業情報誌のこと。担当記者によって企業ごとの将来性や経営状況が、チャート分析などとともにまとめられたものです。会社四季報をみれば、各社の現状と展望が一目で分かるため、多くの人が、この「会社四季報」を銘柄選びの参考にしているのです。

 

 

会社四季報を読むには

ただし「会社四季報」は、様々な情報が凝縮しているだけに、初めて読む方にとっては少々見にくい作りになっています。そこで、以下に「会社四季報」の見方をまとめました。

 

コメント

各会社に対する見解や知っておくべきことについて、記者によってまとめられた部分です。企業の現状と展望についての分析が簡潔に示されており、信頼性の高さには定評があります。

 

株価チャート

各企業の直近の株価チャートが載せられています。チャートは見慣れていないと難しく感じられるかもしれませんが、各株価のトレンド判断にはチャートが非常に役立ちます。
たくさんのチャートに目を通し、慣れるようしてください。

 

株主

各会社の大株主についての情報が載っています。この欄からは、誰がその株式を持っているのか、どの企業と関連性があるのか、などといったことが見えてきます。大手の銀行や大企業が大株主として名を連ねていれば、その企業は倒産などのリスクが低く、概ね投資対象として安全だ、などというように判断することができるわけです。

 

平均賃金

働いている人の平均賃金が示されており、会社の運営状態や規模を把握するのに役立ちます。

 

業績

財務状況や業績が示されており、企業の状態を見極める上で参考になります。

 

配当

一株あたりの配当金の額が示されています。

 

以上、参考になりましたら幸いです。

株取引に役立つ情報満載の会社四季報について/株主優待おすすめランキング関連ページ

日経平均株価とTOPIX
株価と金利の関係
株価と為替の関係性
PER(株価収益率)
EPS(一株当たり利益)
JPX-NIKKEI400
大発会
大納会

このページの先頭へ戻る