株取引は情報が命活用できる情報はできるだけチェック!

日経平均やトピックスに並んだ新しい指標「JPX-NIKKEI400」

JPX-NIKKEI400

JPX-NIKKEI400は新しい株価指数のことを言います。資本の効率の良い活用方法や新しい投資者を獲得するといった目的があり、グローバルな投資基準のための様々な要件を満たしている株価指数を目指して作られたのがJPX-NIKKEI400であり、日本国内はもちろんのこと、海外にも日本企業の魅力をアピールすることができるように考えられています。これにより、さらなる企業価値の向上や、株式市場の活性化などを目指していくことができると考えられています。

 

JPX-NIKKEI400の概要について

JPX-NIKKEI400の概要を簡単に説明していくと、構成している銘柄数は400銘柄となっています。対象となっている銘柄は東証上場銘柄となっており、市場第1部、市場第2部、マザーズ、ジャスダックとなっています。JPX-NIKKEI4002選定された銘柄というのは自己資本利益率や営業利益、時価総額といった「投資をする上で魅力的だと判断される要素」をきちんと整えている銘柄となっています。これまでの日経平均やトピックスに並んだ新しい指標として注目を集めています。

 

従来の指標とは大きく異なる点

JPX-NIKKEI400がここまで注目を集めている理由として挙げられるのが従来の指標とは異なる部分が大きいということです。JPX-NIKKEI400では過去3年間のROEと営業利益、時価総額といったものを選定基準として用意しているため日経平均やトピックスといったものではなかなか分かりづらかったような部分も判断しやすくなっているという点が挙げられます。これまでは日本企業の資本効率の悪さがROEという形で表れていたのですが、JPX-NIKKEI400ならこれらに注目をしながら投資をしていくことができるようになるためこれまでとは異なった独自の使い方ができると考えられています。

注目の新指標JPX-NIKKEI400とは一体どんなものだろう?/株主優待おすすめランキング関連ページ

日経平均株価とTOPIX
株価と金利の関係
株価と為替の関係性
会社四季報
PER(株価収益率)
EPS(一株当たり利益)
大発会
大納会

このページの先頭へ戻る