株価と為替は関連しています

株価と為替の関係性について

株価と為替の関係

株価と金利については、かなり深く、密接につながっていることはお話しましたが、実は株価には金利だけではなく、為替とも密接なつながりを持っているのです。円高・円安という言葉は為替関係でよく出てくる言葉であり、日常でも聞いたことがあるでしょう。実は「円高(円の価値が高くなること)」になると、特定企業株が上昇します。

 

株価と為替の関係とは

これを為替レートと関連づけて説明すると、現在の為替レートを1ドル100円とします。そしてある段階で円高になり、1ドル90円になるとします。この時点で「円の価値」が高くなったということなのです。この部分がちょっとややこしいのですが、「円が100円から90円になっているんだから、円安じゃないの?」と思うでしょう。ところがこれは逆なのです。

 

円が100円から90円になった、というところを見るのではなく、「1ドルの物を100円ではなく、90円払えば売ってもらえるようになった」と考えるのです。こう考えると、円の価値が上がったと見ることができます。日本国内の企業は90円払うと1ドルの価値になるため、商品の原価の額が下がり、利益が増えます。つまり、食品業界などの「輸入」に関連する企業の場合、円高は大歓迎なのです。1ドルの価値が下がれば下がるほど、安く物を買えます。今まで100円払わないと買えなかった物が、90円払うと買えるようになったのですから、これらの業界はどんどん輸入をすることでしょう。となると、その業界の業績も上がり、株価も上がります。

 

円高で得をする企業があるということは、損をする企業もあるということです。それは「車業界」です。車業界は主に「輸出」をしてお金を稼いでいます。例えばトヨタ。

 

トヨタの車の輸出先は主にアメリカ。アメリカで販売する車の価格が2万ドルの車があったとします。先程のレートで考えて、「1ドル100円」で考えると、2万ドル×100=200万円の販売価格(日本円)となります。

 

ところがこれが90円になったらどうでしょうか? 2万ドル×90=180万円となり、アメリカにとっては日本車が安く買えるので嬉しいかもしれませんが、逆に売る側の日本にとっては損をしてしまうということになるのです。特にトヨタのような大企業では、為替の影響はすぐ業績に響くと言われており、1円の円高で、約350億円損失すると言われているのです。輸出に頼っている企業にとっては、「円安」になってくれる方がよっぽど業績が上がるのです。

 

まとめると、

■円高ドル安 → 円の価値が高くなるので、輸入企業はプラスになり、輸出する企業はマイナスになる
■円安ドル高 → 円の価値が安くなるので、輸出企業はプラスになり、輸入企業はマイナスになる

 

もちろん、これ以外の原因によっても株価は大きく変動します。為替レートは日々のものですし、いつ上がるか、いつ下落するかはプロでも掴みにくいのです。よって、株式投資をする際には、為替レート・円高・円安をよく頭に入れておかなくてはなりません。


このページの先頭へ戻る