株取引は情報が命「EPS(一株当たり利益)」を参考に

EPS(一株当たり利益)を参考にする

会社四季報

株式投資をするにあたってのものさしとしては、PER(株価収益率)PBR(株価純資産倍率)などが代表的なものさしですが、中でもEPS(一株当たり利益)は、会社のもうけと成長の度合いが一目で測れるので、信憑性の高いものさしです。

 

EPS(一株当たり利益)とは

EPSの算出の方法は、当期利益を期末の発行済み株式数で割ったものです。増資や減資をしなければ、株式の発行済み株式数は変わりませんので、数年間のEPSの変化の推移を見れば、その会社が利益を上げているかどうか、勢いがあるかどうかを一目で明らかとできる便利なものさしです。

 

また、EPSが高いと配当も高いという傾向が一般的であり、キャピタルゲインによる株式売買の利益に加え、配当というインカムゲインも欲しいと考える欲張りな投資家には、極めて重要なものさしです。配当が高いということは、それだけ投資家を大切にするだけではなく、配当分を支出しても資産上余剰があるということを意味していますので、狙い目ということになるのです。

特にEPSが3ケタの会社は、株価も高く、配当も高い傾向が強いので、EPSを調べて、投資先を決めるのは、理にかなった投資戦略だと思います。

このページの先頭へ戻る