株取引は情報が命

株取引のための情報

株取引のための情報

株をこれから始めようと考えている方へ! 株式投資のポイントは、情報収集にあります。投資に役立つ有益な情報をうまく得られるかどうかが、大切になってくるのです。ここでは、株式投資に役立つ情報の得方をまとめていますので、参考にしていただければと思います。では、早速みていきましょう。

 

 

身近にある株取引の情報

まず、簡単に情報を得ることができるものとして、新聞やテレビのニュースがあります。株は世の中の動向とリンクしていますから、新聞などを通じて経済や政治、世界の動きを知ることは、株選びに大いに役立つのです。オススメは「日本経済新聞」。日本経済新聞は、経済に重点をおいているため株取引をする人に“もってこい”であり、多くの投資家が参考にしています。

 

また、最近はインターネットを利用して情報を得る人も増えています。ただし、それなりに信頼が置ける新聞等の情報と異なり、ネットの情報には信頼できないものが少なくありません。ネットの情報を利用する際には、自分で信じられる情報を見極める力を養うことが大切です。書かれた内容を丸ごと鵜呑みにしてはいけません。とはいえ、上手く活用すればインターネットはとても便利! Yahoo! ファイナンスをはじめ、株のチャートを無料で利用できるサイトなどは非常にオススメです。

 

プロの意見を知りたいという場合には、株に関する雑誌を読んでみて下さい。チャートや企業の分析など、プロのアナリストの意見を参考にしてみるのもひとつです。「日経マネー」や「ダイヤモンドZAi」といった有名雑誌であれば、それなりに信頼できる記事が載っています。プロの意見が常に正しいということはありませんが、自分では気が付かない視点を得ることができたり、今後の見通しを考える上でヒントをもらえたりするので、時間に余裕があるのなら、雑誌を読んでみるのもいいでしょう。

 

生の声が聞きたいという方は、ぜひ説明会に足を運んでみて下さい。個人投資家向けのイベントは、企業や証券会社によってたびたび開催されています。こうしたところへ行けば、気になる会社の将来性について経営者から直に話をきくことができたり、おさえておくべき銘柄や業種に関するプロの意見を聞くことができたりします。

 

情報はいろいろなところから得ることができます。普段からアンテナを張って、色々な情報に触れるようにしましょう。そうすることで、自信を持って株の売買ができるようになるはずです。

株取引に必要な情報について/株主優待おすすめランキング記事一覧

日経平均株価、TOPIX、よく聞く言葉ではあるものの、これらについて詳しくは知らないという人は少なくないはずです。実際これらが何で、どう関わり合っているかについて少し触れたいと思います。日経平均株価とTOPIXについて日本経済新聞社は東証1部上場企業の代表的な225社の株の価値を計算しますが、株式分割、そして増資などの影響を考慮し、特別な方法でそれを算出します。それを日経平均株価と呼びます。日本経...
株価は金利が下がれば高くなり、上がれば安くなります。それは何故でしょうか。あなたが投資家だとイメージしてみてください。そこで、株よりも儲かる手があるとすれば…。例えば、金利が上昇し、配当を受けるよりも郵便貯金や銀行貯金の金利の方がメリットがあると判断した場合、あなたは迷うこと無く、株に使っていたお金をそちらに回す可能性が高くなるでしょう。もしも会社経営者や消費者の立場なら…それでは、あなたがもし会...
株価と金利については、かなり深く、密接につながっていることはお話しましたが、実は株価には金利だけではなく、為替とも密接なつながりを持っているのです。円高・円安という言葉は為替関係でよく出てくる言葉であり、日常でも聞いたことがあるでしょう。実は「円高(円の価値が高くなること)」になると、特定企業株が上昇します。株価と為替の関係とはこれを為替レートと関連づけて説明すると、現在の為替レートを1ドル100...
会社四季報とは、その名の通り四季に合わせて年4回(3月・6月・9月・12月)出されている企業情報誌のこと。担当記者によって企業ごとの将来性や経営状況が、チャート分析などとともにまとめられたものです。会社四季報をみれば、各社の現状と展望が一目で分かるため、多くの人が、この「会社四季報」を銘柄選びの参考にしているのです。会社四季報を読むにはただし「会社四季報」は、様々な情報が凝縮しているだけに、初めて...
株式投資にあたっては、その会社が好きだからとか、その会社が有名だからという理由で購入する人も、一部にはいます。株式投資の方法は人それぞれですので、批判はできませんが、そういった株式投資は極めて危険な投資の方法です。PER(株価収益率)とは現在の株価は、業績に加え、市場の思惑の結果により、その値になっています。株式投資を始めるためには、その会社の業績を反映するものさしを使って判断し、現在の株価が適正...
株式投資をするにあたってのものさしとしては、PER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)などが代表的なものさしですが、中でもEPS(一株当たり利益)は、会社のもうけと成長の度合いが一目で測れるので、信憑性の高いものさしです。EPS(一株当たり利益)とはEPSの算出の方法は、当期利益を期末の発行済み株式数で割ったものです。増資や減資をしなければ、株式の発行済み株式数は変わりませんので、数年間のEP...
JPX-NIKKEI400は新しい株価指数のことを言います。資本の効率の良い活用方法や新しい投資者を獲得するといった目的があり、グローバルな投資基準のための様々な要件を満たしている株価指数を目指して作られたのがJPX-NIKKEI400であり、日本国内はもちろんのこと、海外にも日本企業の魅力をアピールすることができるように考えられています。これにより、さらなる企業価値の向上や、株式市場の活性化など...
年が明けてから一番最初の取引のことを「大発会」と言います。この大発会は土日を挟まなければ通常は1月4日に行われるのですが、その大発会では株価はどのような傾向になるのでしょうか。まず、基本的な傾向として挙げられるのが株価が上がりやすいということです。実際、過去20年間の日経平均株価を見てみると、大発会で株価が下落したのは2008年を含めたたったの7回だけ。ではどうして大発会では株価が上がる傾向にある...
1年のうちで最後の取引となる日のことを大納会といいます。年内最後の営業日ということもあって気合いを入れている人たちも多いのではないでしょうか。大納会の特徴として毎年その年に話題になった人をゲストとして呼び、立ち会い終了の鐘を鳴らすというのが恒例となっています。それでは大納会の株価の傾向はどのようなものになるのでしょうか。大納会では基本的に株価が下がる大納会の株価の傾向として挙げられるのが株価が下が...

このページの先頭へ戻る