株の利益にかかる税金はいくら?

株の利益にかかる税金について

株の利益にかかる税金について

株で利益が出たときは、その利益に対して税金が必ず課せられます。納税は、日本国民の義務ですので、避けることが出来ないものです。税金が課せられるのは、株だけではなく、所得に関してはほとんどのものが課税対象となります。金融機関に貯金をした場合に利息が付いた場合、利息に対して20%が課税されることになります。したがって、自分が本当に受け取れるのは本来の80%ということになるのです。これと同じようなシステムを株でも取っているのです。株が値上がり益の場合は、特別に10%課税されることになります。しかし、通常の場合は20%が課税されることになるのです。株の配当も同様で、特別な場合は課税が10%となり、通常では20%の課税となります。特別措置の期間内であれば、税金が通常の割合の半分の10%となりますので、お得だと感じるでしょう。この特別措置の期間内に株に慣れておくといいかと思います。株にかかる税金は、あくまでも儲かっているとき、利益を上げているときなので、儲かり出してから考えてもいいかと思います。

東日本大震災の復興増税がが所得税に適応されるようになったので、2013年1月から株の値上がり益や配当金のどちらもが、細かくではありますが増税をしています。2013年1月からは10.147%で2014年1月からは20.315%となります。

 

税金の支払い方法

税金の支払いと聞くと手続きが面倒だったり、難しいのではないかと思われる方が多いのですが、実はとても簡単なのです。株の売買益の税金関係は、全て証券会社が代行をしてくれます。代行をしてもらうには、手続きが必要になってきますが、そこまで難しいことではありません。手続きの方法は、証券会社に口座を作る際に、特定口座の選択をするだけなのです。そして、源泉徴収ありかなしかの選択をすれば手続きは完了です。確定申告を3月に毎年行わなければならないのですが、特定口座−源泉徴収ありを選択していれば、納税が自動的に行われますので、確定申告の手間も省けます。源泉徴収なしを選んだ場合は、証券会社から送られてくる年間の取引報告書を利用して、確定申告を自分で行う必要があります。源泉徴収なしは源泉徴収ありに比べると手間なのになぜそんな選択肢があるのかと言いますと、サラリーマンの方が株の取引をされている場合に利用をされるからなのです。サラリーマンの方は、給料以外の所得が20万円未満は非課税となるからなのです。株売買益によって得た所得が1年で20万円以下であれば、売買益に税金がかからないので源泉徴収なしを選択しておいた方が賢いやり方なのです。ただ源泉徴収なしを選択して20万円以上利益があった場合は、確定申告の手続きを行わなければなりませんので、気をつけて下さい。面倒な納税の手続きをしたくないという方は、特定口座と源泉徴収ありを選択するようにして下さい。

株の利益にかかる税金について/株主優待おすすめランキング関連ページ

株の売買手数料
節税対策

このページの先頭へ戻る