なるべく税金を少なくするために

節税対策について

節税対策について

年度末に確定申告に行くと、株の売買に関する申告をする方向けの相談のコーナーが設けられていたりすることがあります。その様子をみていると、株を持っている人って結構多いんだなあと思ったりしますが、この確定申告、株式投資を行っているのであれば、必ずやっておくべきことです。

 

払いすぎた税金を取り戻すために

その理由は節税。株式投資を行っていると、払わなくていいはずの税金まで払ってしまっているケースがあるので、確定申告をすることによって、その分の税金を取り戻す、といったことができるのです。今まで会社勤めのお給料だけで、自分で確定申告を行ったことがなかった、という方にはちょっと敷居が高いかもしれませんが、株式投資関係の申告がプラスされるだけであれば、早めに準備をしておけば、自分で十分できる範囲です。株式投資の利益を考える場合には、証券会社へ支払う手数料と同じく、税金も損失分になるわけですから、シビアなくらいに捉えておいたほうがベターです。

 

では具体的にその必要性をみていきましょう。証券会社に、会社の給料などと同様に源泉徴収をお願いしているとします。その場合、利益が出れば自動的にその利益に該当する税金が徴収されます。いくつかの証券会社を利用しているとして、全てで利益が出ているのであればそれでかまわないわけですが、もし、利益の出ている口座とそうではない口座があったらどうでしょうか。税金は、最終的に年末までの利益と損失で計算をし、利益になった分だけを払えばいいので、徴収されすぎていた分は確定申告をすることによって取り戻すことができます。これを損益通算といいます。

 

そして、もし損失が余ってしまっている状態、つまり赤字になっているのであれば、その損失を翌年へ繰り越すことができます。これを譲渡損失による繰越控除といいます。この繰り越しは3年間有効なので、損失を取り返している間は利益が出るまで3年間株式投資に関する税金は支払わなくてすむ、ということになります。

 

もちろん繰り越し控除を受けるためには、毎年確定申告をする必要があります。必要な書類自体は証券会社が出してくれますし、株式投資と確定申告はセットだと思って、手続きを必ずするようにしてみてください。

節税対策について/株主優待おすすめランキング関連ページ

株の売買手数料
株の利益にかかる税金

このページの先頭へ戻る