株式投資に必要な費用はいくら?

株式投資にかかる費用について

投資にかかる費用について

FXはわずかな手持ち資金から始められる取引ですが、株式投資の場合はそうは行きません。安定して儲けを出すにも、一発がつんと当てるためにも、十万円程度は必要最低限の資金と考えておいたほうがいいでしょう。とは言え、株価はこれという金額が決められているわけでもありませんし、購入できる単位も大きく幅があります。

 

株価と取引単位

株価は一株あたりになおすとさほど高価なものではありません。大手企業で数千円、一般的な取引対象となる企業で言うと500円程度が単価ということが多いです。しかし、1株単位でそういったものが取引できることは少なく、普通は千株単位での取引が基本となります。株価が高い大企業なんかはもっと少ない、10株や100株単位での取引もありえますが、いずれにせよ結構な大金が最低限として必要になるのです。買いたいと思う企業の株が何株単位から買うことができるのかは事前に調べておくべき事柄です。

 

また、株数の多少がメリットになるというわけではありません。1株500円で1000株でも、1株10000円で50株でも市場では同じ500000円の価値でしかないのです。そしてどちらにしろ、相場が10%動いたら5000円の利益が出るというのにも変わりありません。
今の時代は10万円単位からできるといいましたが、かつては株価がもっと高かったのもあって、100万円以上の資金が必要だというのが常識だったようです。私たちのような庶民にはとてもじゃないですが、100万円もの資金を用意することはかないません。しかし、そういう状態では個人投資家の市場が積極的に動くこともなく、さらに企業としてもそうした未開拓の資金源からもっと資金を手に入れたいという思いがあったことから、株式分割などで株単価の値下げが徐々に起こっていき、今のような個人でもまだ手の出しやすい金額になってきたのです。もっとも、普通の人ならばなかなか10万円単位のお金を用意することすら難しいですけどね。

 

まずは10万円以下の資金で始める株主優待

 

こういう施策があるからこそ、私たちのような一般人でも株式市場に参入することができるのです。今の時代、貯金なんかしていてもこれっぽっちも利息なんか入ってきません。どうせ使わない貯金があるのならば、その貯金を元手に利益を自分から動いて稼いでいくほうが賢い生き方であると言えます。広がった門戸を利用して、自分のできる範囲、チャレンジしても痛くない範囲で株を始めてみてはいかがでしょうか?

株式投資の費用/株主優待おすすめランキング記事一覧

株の取引を行う場合、10万円で買った株の株価が12万円になったので、その株を売るとすると2万円が売却益になると思われているかもしれませんが、そうではないのです。株の売買には必ず手数料というものが必要になってきます。実際の利益は、売値−買値−手数料で計算をすることが出来ます。株の取引の際にかかる手数料なのですが、買い注文と売り注文の両方にかかってきますので、株を買った段階で株価がいくらになればプラス...
株で利益が出たときは、その利益に対して税金が必ず課せられます。納税は、日本国民の義務ですので、避けることが出来ないものです。税金が課せられるのは、株だけではなく、所得に関してはほとんどのものが課税対象となります。金融機関に貯金をした場合に利息が付いた場合、利息に対して20%が課税されることになります。したがって、自分が本当に受け取れるのは本来の80%ということになるのです。これと同じようなシステム...
年度末に確定申告に行くと、株の売買に関する申告をする方向けの相談のコーナーが設けられていたりすることがあります。その様子をみていると、株を持っている人って結構多いんだなあと思ったりしますが、この確定申告、株式投資を行っているのであれば、必ずやっておくべきことです。払いすぎた税金を取り戻すためにその理由は節税。株式投資を行っていると、払わなくていいはずの税金まで払ってしまっているケースがあるので、確...

このページの先頭へ戻る